就寝前5時間断食ダイエット法

私が実践し、オススメをしたいダイエット方法が「就寝前5時間断食ダイエット」で、これは寝る前の5時間、水以外は何も口にしないというダイエット法。

一般的に、胃に負担をかけないために就寝3時間前に食事を済ませることが薦められていますが、それを2時間伸ばして、5時間に延長するのです。

困難なように思えるかもしれませんが、夕食後、お風呂に入ってしまえばあっという間で、私の場合、気がついたら「もう5時間何も食べていないなあ~」と思いながら寝ています。少し空腹に感じる程度ですが、眠気が先に来て、ぐっすり寝てしまっています。そのまま朝起きると身体も軽く、目覚めも良く感じますよ。

朝食を美味しく摂ることができますし、胃の調子も良くなっているので、身体そのものが健康になっていくのを実感できるのです。もちろん、この方法を実践していると体重も徐々に軽くなっていきます。大抵この方法を意識してし始める時は「最近食べ過ぎたなあ…」と思っている時。

体重計に乗ると2キロほど増えて、身体が重くなって動きにくくなった時に、必ずこの「就寝前5時間断食ダイエット」をしています。1週間ほどで増えていた体重が元に戻り、胃も小さくなりますよ。食べ過ぎが続いている方にオススメのダイエット&健康法です。

現在取り組んでいるダイエット法

専業主婦ですが、下の子も小学生になったので一気に気が緩み体重も増加しています。このままでは、本当に身も心もおばさんになってしまうと思い、ダイエットに取り組んでいるところです。

色々なダイエット本を読み漁った結果、たどり着いたのは心に余裕を持つと言うことで、私は嬉しいことや辛い時にドカ食いをしてしまう癖があるので、これがダイエットを妨げる一番の原因だと思っています。そして、身体と相談しながら本当に食べたいのか、ストレス解消のために食べたいのかと地頭自問してから食事をするようにしています。

それから、洋服もキツメのパンツを履くようにして自分を戒めています。
食事の時間には、まず青汁を飲んでから食べ始めるようにしていて、以前、食べる順番ダイエットをやった時に成功はしなかったものの結構手ごたえはあったのでそれからも取り入れています。

また、夜ご飯は炭水化物を2日に1度摂らない食べ方をしていますが、最近、食べすぎると胸やけがするようになり、お腹いっぱい食べて後悔することが増えたからです。生活スタイルを見つけ直し、自分の身体に必要な栄養を取り入れるような生活をするように心がけています。半年で考えているダイエットなので、このまま気長にやり続けようと思っています。

ダイエット後の維持について

ダイエットは、もちろんダイエットをしているとき停滞期や上手くいかないなどストレスがたまって色々と大変ですが、ダイエット成功後の維持がとても大変です。
ダイエット中は痩せるために頑張って運動や食事制限できても、目標に達成すると気が緩んで運動や食事をおろそかにしてしまいますし、そうするとあっという間にリバウンドします。
ダイエット終了後も定期的に運動や食事制限をしなければ体型を維持できないことが多いので、終了後のことも考えてダイエットの方法を選んでください。
終了後も続けられるような運動や食事をダイエットに取り入れ、ダイエット中とあまり大差ない生活を送れば体型を維持できますが、ダイエット期間より維持期間のほうが長いので良く考えてダイエット方法を試しましょう。
食事制限で痩せていた人はそのカロリーを終了後も維持することが必要ですし、食事だけで痩せるとほんの少し気を抜けばあっという間にリバウンドしますのでその点を気をつけてダイエットを行い、頑張って痩せたのに気を緩んだために過ぎに元通りになったということがないように気をつけてください。
ダイエットをして頑張って痩せたのにリバウンドすると、そのリバウンドが続くと痩せ難くなるので気をつけましょう。